お空の隠れ家

温かい風

嫌われる事を恐れてた。

全てが崩れて
笑顔が消えてしまうのが恐かった。

ピュアな気持ちを奪ってしまうのが恐かった。


だけど
目を見たら私が映っていた

私を見ていた。

自分より大切に考えてくれていた。


何を恐れていたんだろ。

信じていれば恐れることなどなかったんだ。


全てを吐き出した

そこには笑顔の君が待っていた。


嬉し泣きなのか悲し泣きなのかわからないけど

きっと嬉しかったんだ。

受け止めてくれて。
救われた。

不安は心強い安らぎに変わった。


遅過ぎたなんて言わないで。


出逢えたことは遅くなんかない。


来てくれてありがとう。
見つけてくれてありがとう。
受け止めてくれてありがとう。
笑ってくれてありがとう。

ごめんねとありがとうしか思い浮かばないや。


消せなければ




上から塗りつぶしてしまえばいいんだ。
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2009-06-25 21:27 | 想い事
<< サマースノー 簡単なこと。 >>