お空の隠れ家

カテゴリ:DV(過去)( 16 )

DVは繰り返される

b0149320_12165819.jpg


2年前の今日。

元彼から実家に逃げてきた私は、親に内緒で家出をした。


また元彼と暮らし始めてしまった。

どうしてそうなったのか今でも不思議でならない。
あんなに恐れていた男とまた暮らすなんて。

薄い記憶の中には、泣きながら謝り続ける彼が見える。。


たった其だけで、私が勇気を出してとった行動が一瞬で無意味になってしまった。

その時は、ただ彼は生まれ変わったんだ。
やっと気付いてくれたんだと思い、彼の言われるまま実家を飛び出した。。


その日の朝、不思議と遠くに住む祖父母から久しぶりに電話があった。

さりげない会話をして「元気だよ。」
って話したっけな。

きっとアノ電話は何かのサインだったんだね。

「行くな」って。


私はこれから起こそうとしてる事を悟られないように。
自然に極自然に玄関を出た。

「今日、夕飯いらないからね。いってきます」

そう言って私は空港に彼を迎えに行った。


その間ナニを考えてたんだろう。。
全くわからない。
ただ見える、何度も見たモノレールからの景色を眺めてた。


彼は仕事するからと言ったから、狭くても家賃高めでも敷金礼金0のアパートを私名義で借りた。

家電を揃えるためまた借金は増えた。


私は飲食店とスーパーをかけもち。
彼はなかなか仕事が見付からない。見付けても1ヶ月も持たず辞める。


3ヶ月が過ぎ
彼はまだ無職だった。

私は働き通し、帰れば彼がまた髪型や服装の話ばかり。

彼が欲しい服、靴や鞄を買うため私名義で借金が増えていっていた。

また繰り返しか・・・

もうその時の私は感情がなくなっていた。

ただ言われるまま従うだけ。


じゃないと彼は不機嫌になって怒る。

些細なことを答えられず平手打ちを何回もされた時、目が醒めた。


昔と変わってない。
コイツは変わってない。。


そして今度こそ
私は逃げ出した。

実家でもなく、寮付きの仕事を探した。

寮付きなら何でもいいと思った。
アイツから逃げれるならお水でも風俗でも何でもやる気持ちで探した。

ネットカフェで夜を明かし、今の工場に落ち着く事が出来た。

やっと自由になれると思ったんだ。。


私はやっと自分の誤った道に気付いた。

気付いた頃には精神は限界だったみたいだ。
重なる重圧などから鬱状態になり不安発作と自傷、過食をするようになる。


何度も死にたくなった。

でも、それは病気のせいで本当は生きたくて仕方ない。
いま死んだらアイツに負けた気がして悔しいから。

負けない。
悔しい想いはこりごりだ。



DV男はいくら謝ってきても治らない。
繰り返すだけ。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
拍手を送る
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-10-01 12:16 | DV(過去)

怨念は恐いのよ

b0149320_19324150.jpg


私にはやらなきゃいけない事が山ほどあるの。

働いて働いて
意識朦朧になりながらも
エスタロンモカを飲んで意識を集中して

働いて働いて残業して
借金を返していく為だけに働く毎日

休日は薬で寝たきり


何が楽しくて生きてるかって?

自分でもわからない
普通の暮らしをするためかな。。

全てあいつのせいでぶち壊された
普通の生活を取り戻すため

笑えるようになる
人を恐れないようになる


でも
あいつだけは別
憎しみ・・恨み・・
消えてくれない

いつになったら消えるんだろう

悔しい
悔しい
狂い出すのはもう嫌だよ

私の奥に潜んでる鬼が現れるんだ

もう聞きたくない
鬼の叫びなんて聞きたくない

それが自分の叫びだと知ってるから。。。

姿の見えない仲間たちが必死に私をなだめてくれる

ごめんなさい

私が一番の厄介者なんでしょ?

死なないよ

あいつが生きてるのに
私が死んでたまるか
負けてたまるか

念って届くかな?


苦しめ苦しめ・・

ねぇ
満月の夜
アナタに届いてるかな?
私の苦しみ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
拍手を送る
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-09-16 19:32 | DV(過去)

嫌な女になってやる

アイツは私の此処が好きだと言った

丸っこい体
動物みたいな所


全部壊してやる

アイツが嫌いな女になってやる

痩せてガリガリになってやる

動物なんかじゃない
猛獣になってやる


「似合わないから付けるな」と言われたピアスを開けまくった

「ポニーテールが好き」と言われたから長い髪を垂らした


アイツが想ってるような女じゃなくなってやる


愛されたくない
愛したくない

もう
ずっと一人でいる
恋愛なんて
ただ傷つけあうだけ

私はいつも
人を傷つけてしまう
一番悪い奴は・・・


私だ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
拍手を送る
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-09-03 19:56 | DV(過去)

OD絵描き唄

b0149320_23575092.jpg

b0149320_23575043.jpg


死にたいのは
病気のせい


死にたくなるのは
病気のせい


だって
私生きたいもん

もう一度
やり直すんだ


生きるための
自傷

生き抜くための
OD


生き抜いて
あいつを見返して

親孝行出来たら


私やっと死ねる

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ
拍手する
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-08-29 23:57 | DV(過去)

憎しみは消えないの?

b0149320_17143480.jpg


消えろ
消えろ
消えろ


彼と別れれば
それだけで幸せになれると信じてた。

なのに何故?

今の私自信持って幸せになれたって言えない。


何処までも追ってくる
不安と憎しみ


返して
私に時間を返して

あなたに会う前に
戻してよ

拍手する
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-08-27 17:14 | DV(過去)

置き手紙と逃亡

b0149320_22365018.jpg


DVの痕が人目につかぬよう長袖を着せられた夏。

初めて大好きで尊敬しているアーティスト。
Coccoの武道館ライブに行った。


私は声を聴くなり涙が溢れて止まらなかった。

細い体で懸命に想いを歌にして伝えようとしている彼女を見てたら自分が情けなくなった。
背中を押された気がした。

『彼から逃げよう』
彼が留守の夜、事前に書いていた置き手紙を残し
私はとにかく電車で逃げてビジネスホテルに駆け込んだ。

手紙には今までのDVに耐えられなくなった事、3年も無職の彼をこれ以上支えられない事、私の稼いだお金で浮気した事、親のお金を盗む罪悪感がもう嫌だと全て想いを書いた。

でも
どうしよう。。

逃げたは良いがパニックな頭で何も考えられない。

DV相談所に行こうか迷ったが結局行けず、実家に行くしかないと思った。

鳴り響く彼からの着信

枕に隠して腕や手首を斬り刻んだ。

そうでもしてないと恐怖に耐えられなかった。。

翌日、老人ホームを退職した。
働ける状態じゃなかった。
でも利用者を見て涙が止まらなかった。
放棄してしまう罪悪感と、もう会えない哀しさでいっぱいだった。

今でも皆の顔と名前覚えてるよ。

でも職場から出た風景を思い出すとフラッシュバックする。
アパートに帰りたくないと今でも混乱してしまう。

職を失い、借金が残った。。

バカな女だと自分を責めてばかりの毎日が続く。
ずっとずっと・・

でも
あのままじゃ生き地獄から抜け出せなかっただろう。

殺してしまっていたかもしれない。
殺されていたかもしれない。
自殺していたかもしれない。

少しの勇気で生き地獄から抜け出す事は出来る。

でもそれはとても難しいこと。。。

誰かに相談でもしていれば、、、
もっと早く逃げ出せていたんだと思う。

今でも後遺症が私を苦しめる。
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-08-16 22:36 | DV(過去)

殺意の芽生え

元彼は全て私のせいにした
DV男の特徴らしい。

大切な服に食べ物を落としたら
「何で気を付けてって一言注意してくれなかった」

トイレに指輪を置き忘れてきたら
「トイレから帰ったら俺の全身チェックしてよ」

その時の私は、そうだ私彼の事見てなかった。
私のせいだ・・
完全に支配されていた。


次第に私は疑問を感じだし、彼に憎しみを抱き出した。


彼を殺してしまおうか。

いっそ私の事を殴り殺してくれればいいのに。

そんな事ばかり考えていた。

暴力の後、謝ったりしなかった。
代わりに、いつも言うセリフ
「外誰かいないか見てきて」

私は泣きながら外に出て人がいないか、
アパートの他の部屋に灯りはついていないか、声はしないか、チェックしに行く。
恒例な行動。

彼は何より他人の目を気にしていたんだ。

殴る時も蹴る時も頭や腕やふとももばかり、決して人に見えないようにしていた。

後に暴力の事が私の親にバレた時も、
私がリストカットするのを止める為軽くしかった程度だと言っていた。。


次の彼女が同じ目に遇わない事を祈るしかない。
例え今は普通に戻ったとは言え、いつまた昔のようになるか誰にもわからないから。。


でもね
体の痣なんて時間がたてば消えていくけど、ココロの痛みが消えないんだよ。。
どうしてだろ?
もう過去の事なのに頭の奥で泣き叫ぶ声や鬼の目が消えてくれないんだ。

縛り付けてるのは私自身。
自分で自分を解放させてあげなくちゃね。。
[PR]
by bluesky-kakurega | 2008-08-12 01:27 | DV(過去)

壊れていった元彼

夏になると毎年思い出すんだろんな。。

ブランド服や髪型に執着するようになった元彼はスタイルも顔立ちも良く、正直モデルのようだった。
だから
「モデル見たいだから街歩いてたらスナップ写真撮られるよ!」と私は言った。


その言葉が後々、彼と私を苦しめる事になる。

私が休日になると毎回都内に出てアル場所で彼は立つようになった。

「声かけられるまで帰らないから。
撮られなかったら嘘ついた事になるよ。ショックで死ぬかも・・」

そう言い、暑い中座ったり立ったり煙草を吸ったり半日程同じ場所にいる。

私の役割は彼が立ってるのを何人が振り返ったり、見たりしたか数える事。。

今ならオカシイと理解出来るが、その時は証明しないと!と必死だった。

でも何日立ってても撮られない、声もかけられない。

段々彼の精神は破壊されていった。。

暴力や暴言も酷くなった。

大きな交差点で赤信号なのに飛び出そうとした事もあった。


私はお世辞で言ったわけじゃなく、そう思ったから言った。
その言葉が彼をそんなに苦しめることになるなんて思ってもいなかった。


私はやっと「このままじゃ駄目だ。」
そう感じ出していた。

二人とも壊れてしまう。。。
[PR]
by bluesky-kakurega | 2008-08-06 18:28 | DV(過去)

DV→洗脳

私は毎日、彼の顔色をうかがってた。

仕事から帰る時が一番緊張する。
時には公園ですこし時間をつぶした日もあった。。。


彼がキレる原因は大体、髪型がうまくいってないと本人は思ってるのに私が
「良いと思うよ」と言ってしまったから。
嘘つき、ちゃんと昨日と比べて見ろと言われ殴られる。

次の日私が仕事でも何回もシャワーを浴びて納得出来るまで寝れない。

服の扱い方が雑だった時。

物を落とした時。

洗濯物の干し方が自分のやり方と違ってたり。。。


正直何故暴力を振るわれたのか、あまり覚えてない。


ただ今でも覚えてるのは、彼の髪型をちゃんと覚えてなくて違いが言えなかった時、
手鏡で頭を叩かれ割れて怖くて顔を真っ赤にして泣く私を見て、

「顔真っ赤だよ」と笑いながら「新しい鏡買ってきてよ」と言われた事。


《鬼》だと思った。


あと覚えてるのは、二人でシャワー中のぼせで失神した彼をドアが開かなくてまたパニくってしまった私は必死にドアを開けて、彼の名前を呼ぶことしか出来なかった・・・

すぐに我に帰った彼は、近寄るな!と怒鳴りだした。

「見殺しにするつもりだったんだな。ひどい女だ」


裸なのに何度も蹴られた。。。

倒れた際、ドアに顔をぶつけてしまった彼は、私にこう言ってきた。

「どんだけ痛いか、同じ場所をぶつけてきてよ。何も助けなかったんでしょ?」


鬼の目になっていた。

私は逆らえず、自らドアに彼と同じ場所をめがけ顔面をガンガンぶつけて痣を作った。

これで彼への罪滅ぼしになったと安心していた自分が恐ろしい。



DVは洗脳。
操られて逆らえないんだ。


洗脳から抜け出せないといつまでも奴隷扱い。


洗脳を振り解いて、自分のために生きる。

それこそDVから抜け出す第一歩。。。
[PR]
by bluesky-kakurega | 2008-07-30 20:33 | DV(過去)

借金と罪

b0149320_20544760.jpg

ある時期から彼はある一つのブランド服しか着なくなった。
海外ブランドでおしゃれに無知だった私にはこんなに高い服着るのかと驚いた。

最初は一着だけかと思っていたが、私が似合うしカッコいい!と言ってから本人も気に入っていて、全身そのブランドしか着なくなった。
もちろん小物も全て。

オークションやネットで買ったり、お店で買ってはある程度着て、オークションや古着屋に売りに行く。
そしてまた次の商品を買う。
それの繰り返し。


もちろん私だけの給料では払えなくなり、カードを作って借金した。

借金してもなお、彼は働かなかった。
給料が出ても「ご苦労様」の一言もなく。。。

彼が働かない事が当たり前になっていた。
何も言わなかった私が悪い。


借金でも足りなくなり、私は実家に帰った日と親が留守の日を手帳を見て確認し、お金を少しづつ盗むようになった。。。

実家に帰るのが楽しみではなくなってしまった。
緊張の日。

仕事の夜勤前に電車で実家まで行きまたすぐ帰ってきた日もあった。
少ししかなかった日は彼は不機嫌になる。
「どうすんの?」
「もう少し出来なかったの?」
「おこづかいちょうだいって言ってみたら」


私は最悪な娘。
散々迷惑や心配をかけてきたのに、一生懸命親が働いて稼いだお金を彼との生活に使った。。。

この罪はずっと消えないと思う。
断ることは出来たのに。
不機嫌になる彼が嫌で自ら罪を犯した。



お父さん、お母さんごめんなさい。
私が絶対稼ぎ頭になるよ。今までの分返せるくらい働いていくよ。
本当は二人の事とっても愛してるんだ。。
[PR]
by Bluesky-kakurega | 2008-07-19 20:54 | DV(過去)